衣川のビンズイ

我が家のオフのピクニック範囲として
「競馬地点」という異質なものがまぎれていらっしゃる。

俺が競馬に傾倒しているわけではなく、
内馬場という行程のまんなかの部分に
なんとなく豪華な公園があるんです。
競馬オープンお天道様にはふっくらおもちゃやゴーカートなど
様々な事象が入場チャージの200円程度で
一切フリー体験できる隠れ家範囲だ。

そっちへレクリェーションにいうおりに
時折迷子となってしまった小児を目撃する。
前回来店の際にもヒトリ見つけました。
モイストリフト

2才くらいの自分でやすやすと歩ける小児が
大哀哭しながら「ママー!」といった叫んでました。
ほどなくして女性的自分が側にかけより
なるほど、女性見つかったのか、って思ったら
道すがらの親切な女性でした。

泣いてる小児を些か落ち着かせ
なにやら交流をしてるもよう。
そうなると小児が一方針路を指差して何かいってます。
カップルはテクテクそこへ歩いていきました。

その先には公園未満のすみの隅っこで
(まるでみとおしの訊く程度のキロ)
迷子の女性は女性友って談笑してました。

その流れをみつつ
「あの迷子、女性の場所しってんじゃん、自分でいきなよ」
て思った私はスパルタすぎるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です